About

人間生活工学研究室について

1979年、工業デザインの分野において日本で最初に創立された人間工学の研究室です。

数々の測定手法によって客観的に人間を知ることを重視し、産業界・医工学系との連携研究を数多く行ってきました。

研究領域は人間工学や生理人類学などをまたいで幅広く、学生論文の総数は520編を超えています。

ヒューマノミックデザイン

Humanonics(人間生活工学)とはHumanとNomos(ギリシャ語で法則という意味)を合成して作られた新しい言葉です。

デザインを行う上で人間(ヒト)の理解は不可欠の要件であり、私たちはヒトの諸特性を生理学的・心理学的・形態学的に研究することにより、人間と機器や環境のあるべき関係を探究し、より良いデザインの提案を行っています。

・研究紹介

「自由な研究テーマ×人間の科学が幅広い社会実装を可能にする」との視点で研究に取り組んでいます。

 

・共同研究の一例

企業との共同研究や、学部を超えた共同研究も盛んに行っています。

 

・実績

学会等の対外発表も積極的に行っており、研究実績も豊富です。

研究室の紹介記事

本研究室の紹介記事が日本生理人類学会のPANews(2016年2月号, p.4〜5)に掲載されました。

記事内では本研究室の沿革に始まり、特徴や最新の研究トレンド・実験室の紹介等がまとめられています。

研究室の様子を知りたいという方は、是非ご一読ください。