(日本語) 日本生理人類学会第77回大会に参加・発表を行いました!

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

先週末6/16(土), 17(日)にかけて九州大学大橋キャンパスで行われた、日本生理人類学会第77回大会へ参加・発表を行いました。

前日6/15(金)には恒例の若手の会に参加し、全国の研究者及び学生と活発な交流が生まれました。

九州大学の若手研究者の方々が、通称「体内時計」とも称される概日リズムに関する話題を中心に講演を行われ、近年本研究室内のみならず世界的に研究が進められているホットな分野に関する最新の知見として、とても興味深いお話でした。

本大会では、研究室からは下村教授、Fatinさん、栗山さんをはじめとして4年生と研究生たちの3グループがポスター発表を行いました。

学会初参加の4年生と研究生の皆さんもとても緊張した3日間だったと思いますが、普段得られない質問や貴重な経験を通して学会に対するイメージが変わった人もいるようです。

参加・発表された方、お疲れ様でした。

次回、秋の日本生理人類学会は例年10月から11月に行われます。